ダミーカメラ設置で特に気をつける3点

泥棒・犯罪者・プロにすぐにバレるダミーカメラの特徴とは。

本物で、ある低度の性能と耐久性を持つカメラを設置するには、費用がかかりますが、
かといって、安易にダミーカメラを設置することはかえって狙われる可能性が高まってしまうこともあります。

ダミーカメラを設置するにあたり、
特に注意が必要な3点を以下に挙げますので、ご参考にいかがでしょうか。

1、カメラの設置場所が不自然であり配管や配線が雑。

防犯カメラ・ダミーカメラの設置は、最も効果的かつ合理的な理由に基づいて行われますが、専門知識がなく設置するとプロや犯罪者にはただちにバレます。筆者も街を歩いていると1日に数台の明らかなるダミーカメラを発見します。本物のカメラは例え素人が設置したとしてもそれなりの「本物」である証拠がありますが、素人の方が設置したダミーカメラは一発でバレてしまいます。

その様な場合、泥棒にはすぐ見分けが付いてしまい、逆に狙われる可能性が極めて高くなります。

2、屋外なのに風雨や湿気に弱いBOXカメラを使用している。

BOXカメラはほぼ例外なく、屋外に設置することはありません。屋外の場合はハウジングに収納するのが一般的です。屋外に設置されたBOXカメラは極めて危険です。

3、防犯カメラの質感・雰囲気が直感的に安っぽく、違和感がある。

プロや犯罪者は一般の方と違い、防犯カメラの判別に関しては、経験と勘で一瞬で見抜きます。家電量販店や通販の激安ダミーカメラはダミーとわかってしまいます。

細かいところを見るまでもなく、わかってしまいます。

なぜならプロだからです。

以上、 最も重視する3つのダミーカメラ設置のNGパターンを挙げさせていただきました。
せっかく設置したダミーカメラも、適切に設置しなかったばかりに逆に犯罪者に狙われてしまったら本末転倒です。

ダミーカメラ設置関連記事一覧

・屋外ダミーカメラ設置・取付け~見分け方~

・屋外ダミーカメラの選び方はバレない、本物と見分けられないが基本

・ダミーカメラと本物の防犯カメラ設置の費用、どちらが「高くつくか」

・様々なダミーカメラ

・ダミーカメラ設置にあたる極めて注意すべき3つの点