嫌がらせの証拠を防犯カメラで録画する意味とは

近隣トラブル・悪質な嫌がらせは防犯カメラで証拠を残すしかない

悪質な嫌がらせ。門扉付近にごみをばらまかれる、車に傷をつけられる、植栽が折られたり荒らされている…。

何も心あたりがないのに、なぜか嫌がらせを受けている…。

そういう被害を受けて心を痛めている方が多数いらっしゃいます。

警察は助けてくれない

そのようなことが起きて、警察に訴えても、「証拠がないので…。」と言われ肩を落とす方がたくさんいらっしゃいます。

被害を受けた方はのご心情お察し致します。しかし、警察も気にかけながらも色々大人の事情がありなかなか心を寄せた対応ができないのです。それには理由があります。

警察は証拠がないと動きにくい

警察は暇ではありません。そのため、確固たる証拠や根拠がなければなかなか動けない事情があります。これは昨今の事情を考えれば仕方ないのかもしれませんが、被害にあった被害者にとっては「警察は頼りにならない!」と思うのも仕方がありません。

警察に被害を訴え、きちんと動いてもらうためには

警察は意見はきいてくれますが、動いてくれるとは限りません。

しかし、確固たる被害の証拠があり、それを提出された場合は???

このような場合は、警察は確固たる証拠をつきつけられた場合は重い腰をあげ操作する義務が生じます。

それでは、証拠とは。

それは「絵」です。要するに画像、動画です。

それを証拠として市民から提出された場合には、必ずきちんと捜査をする義務が生じます。

一見理不尽に見えますが、これが現実です。

証拠を残すためには、防犯カメラが非常に有効な手段の一つといえます。

嫌がらせやトラブルに対する圧倒的なノウハウと柔軟性に富んだESP防犯の防犯カメラのレンタル…。

まずはご相談下さい。

現地調査や相談、もちろん無料です。

皆様の不安、お困りごと、どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせ下さい。ESP防犯の防犯設備士が、自分の家族を守るように、真剣にあなたのセキュリティ相談に乗らせていただきます。