飲食店の防犯カメラにドーム型が多い理由

飲食店の防犯カメラは圧倒的にドーム型が多い理由とは

昨今の防犯カメラ需要の高まりとともに、防犯カメラを設置する飲食店も増えています。

皆様お気づきかもしれませんが、飲食スペースではドーム型のカメラが多いと思いませんか。

それはなぜか。

ドーム型カメラはストレスが少ない

飲食店などでドーム型カメラが多いのは理由があります。

それは、ドーム型カメラはストレスが少ないこと。これは研究データにもはっきり出ていることなのですが、銀行等によく設置されているボックス型カメラに比べ、ドーム型カメラは撮られる側として、ストレスがより少ないことが明らかになっています。

明らかに監視している!というボックス型カメラに比べ、ドーム型カメラは円形でマイルドな印象を与えます。

誰でも食事しているのに「監視されている!」と思って良い気分をする方は少ないと思います。

飲食店での客席での防犯カメラの役割とは

飲食店の客席における防犯カメラはお客様を監視するためではありません。

あくまで、お客様の安全を確保したり、またはお客様の状況を把握し満足度を向上するためのお店側の工夫なのです。
しかし、そのためにお客様が不愉快な思いをしたり、リラックスして食事ができないようでは本末転倒です。

そのため、ストレスを感じにくいドーム型カメラを設置する飲食店が多いのです。