最大360倍ズーム可能HDネットワークPTZカメラがTOAより発売

TOAからPTZカメラの新製品が発売

防犯カメラメーカーのTOAより、最大360倍ズームのフルHDネットワークPTZカメラが発売されました。

TOA.N-C3500
TOA.N-C3500

TOAはフルHDによる高画質録画が可能な防犯カメラシステム「TRIFORAシリーズ」に、フルHDネットワークPTZ(パンチルトズーム)カメラ2機種を追加し発売した。最大360度の高倍率ズームと、水平・上下旋回が可能な旋回台を搭載しているのが特徴。

屋外用の「N-C3700」は、防じん・防水仕様のIP66に対応したハウジングを採用しているので、屋外の壁や天井にそのまま設置できる(画像は公式サイトより)

 「TRIFORAシリーズ」はLANなどのネットワークに直接接続し、映像の監視・抑制が行えるセキュリティ用映像ネットワークシステム。いずれもフルHD画質と最大30fpsという滑らかな動きで録画できる。エンコードにはH.264を使用する。

 今回発売された2機種は、により光学30倍ズームと12倍のデジタルズーム最大360度の高倍率撮影が可能で、水平・上下旋回が可能な旋回台を備えたフルHDネットワークPTZカメラ。屋内用の「N-C3500」と、IP66対応の防水筐体を使った屋外用の「N-C3700」の2機種。

 旋回台は最大400度/秒という高速旋回が可能で、あらかじめ特定の位置情報(ポジション)を255カ所まで登録、ワンタッチで呼び出しできる「プリセット機能」を搭載。夜間は高感度の白黒撮影に切り替える「デイナイト機能」、逆光時でも鮮明に撮影する「WDR機能」なども備え、昼夜問わず使用できる。

 商業施設やオフィスビル、多店舗展開するチェーン店の遠隔監視のほか、公園や屋外施設の防犯での使用を想定している。

以上、ヤフーニュースより引用。

特に目新しい機能はないものの、安定的高性能を実現

今回のTOA製PTZカメラは目新しい機能はないものの、光学30倍ズームと12倍のデジタルズームによる360倍の高倍率ズームが最大の目玉です。360倍という数値は伊達ではありません。離れた車両のナンバーや人の表情もしっかりと映すことが可能です。

記事の内容とカメラの性能の乖離

記事には…

商業施設やオフィスビル、多店舗展開するチェーン店の遠隔監視のほか、公園や屋外施設の防犯での使用を想定している。

とありますが、360倍の高倍率PTZカメラならば、店舗内や建物内での使用については、オーバースペックと考えます。それよりもある程度明るさの保障された環境における長距離での撮影に適しているのではないかと考えます。建物内の使用であれば、32倍程度で十分ではないかと考えます。設置して実際に運用するとわかるのですが、32倍でもかなり遠くの距離から目標が鮮明に映ります。

PTZカメラは適材適所に

当然ですが、PTZカメラにおいて、高倍率になればなるほど、費用がかかります。大事なことは適材適所でPTZカメラを選ぶことです。さほど広くない屋内において360倍のカメラを導入することは明らかなるオーバースペックであり、費用の無駄です。

防犯カメラの選定で大事なことは、最少の費用で、最大の効果をあげる費用対効果に優れたカメラを選定することです。

ESP防犯では、防犯設備士がPTZカメラ・防犯カメラについてのご相談もお待ちしております。どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせていただければと思います。