レンタルで防犯・監視カメラを利用・設置したい方へ

レンタルで防犯カメラを格安・低リスクでご利用できます

リース契約の途中解約は極めて大きなリスク

契約期間の縛りなし。不要になったらただちに解約可能

リース契約は、一般的に防犯カメラの法定耐用年数の5~7年間の契約期間で運用されます。長期に渡り償却していくメリットはありますが、大きなデメリットがあります。それは途中解約をする場合、残債(残りの契約期間の支払い)を一括で支払わなけらばならないことです。

リース契約の解約は残金を一括精算が必要です
短期間設置目的の場合は、リース契約は圧倒的に不利

設置が短期間の場合

1年間の限定的な防犯カメラの使用でも、リース契約では、その契約の内容から5~7年間の支払いは免れません。(中途解約は残りの期間の支払いを一括で支払う必要があるため。)しかし、防犯カメラを購入するには一括で現金が必要である上に、短期間の使用では明らかに費用対効果が見込めないのではないでしょうか。

短期間の使用が目的であれば、購入やリース契約はあまり大きな費用対効果は見込めません
レンタル契約で設置する大きなメリット

レンタル設置ならば、リスクは最小限に抑えられます

一方、ESP防犯のレンタル契約での防犯カメラ設置はリース契約のように、契約期間の縛りがありません。1か月間の設置でもOKです。必要がある期間だけ使用していただき、役目を終えれば簡単に解約ができます。

レンタル契約での防犯カメラ設置は低リスクで可能です
具体的な防犯カメラレンタルプラン

レンタルプランでの防犯カメラ設置費用

月額5,000円(税抜き)から高性能な防犯カメラレンタルプランをご利用いただけます。また、設置工事が必要なお客様は別途お見積りをお出し致します。詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。

レンタルプランで防犯カメラを低価格・低リスクで設置可能

防犯カメラのレンタルはこちらも参照下さい

防犯カメラレンタルに関するページ
・短期間利用のトラブル等は防犯カメラレンタルプランが有効です

・防犯カメラレンタルプランのメリット

・防犯カメラを短期間レンタルしたい方と長期間レンタルしたい方へ