家庭用(戸建て住宅)と法人の防犯カメラ設置費用の違いとは

防犯カメラ設置費用は家庭用と法人では違う?

一般(家庭)と法人では防犯カメラ・システム設置の目的はいささか異なります。また、その費用(価格)、そして防犯機器の選び方も異なります。それはどのような違いでしょうか。それぞれどのように違うのか簡単にご説明させていただきます。

一般(家庭)における防犯カメラ設置の目的

一般家庭が防犯カメラ・システム設置を検討する目的は…
・イタズラ・嫌がらせに困っている
・不法侵入や空き巣等の犯罪を心配している
・家族のセキュリティを確保したい
等です。

特にイタズラや嫌がらせに関しては心配事の期間は限定的なことが多いようです。防犯カメラを設置したことによる威嚇によりイタズラや嫌がらせがやむことで防犯カメラの役割が終わり、あまり多くの費用をかける必要がないことケースもあります。そのため、短期間の設置・取付けを希望される一般家庭が大多数です。

法人における防犯カメラ設置の目的

一方、短期間需要を望む一般家庭に比べ、法人が防犯カメラ・システムを設置する目的は、企業として中長期的なセキュリティとしてのセキュリティです。事務所内、置き場、駐車場、店舗、拠点等、企業としてしっかりとセキュリティを確保することは、社会的にも必要なことといえます。
そのため、防犯カメラ等機器はある程度の耐久性や性能を求められます。また、中長期使用するものですので、購入・リース契約である程度堅牢なシステムを組む必要があるのです。

防犯システムはしっかりと費用対効果を考える

一般家庭で法人用の防犯システムを設置することはある意味、オーバースペックであり、法人が一般家庭用の防犯システムを設置することは少し心もとないと考えます。大事なのは、目的や用途に応じた費用対効果の高い入念に費用を算出した防犯システムを構築することです。

ESP防犯は一般家庭・法人の防犯カメラ・システム設置の費用対効果・目的をしっかりと見極め、納得のいくご提案をさせていただいております。どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせいただければと思います。