監視・防犯カメラの設置費用(価格)を決める要素とは

監視・防犯カメラの設置費用の見積もり方法

防犯カメラの設置費用の見積もり価格はどのような要素で決まるのでしょうか。
設置を検討している方にとって、一番気になることだと思います。

防犯・セキュリティ会社に見積もりを依頼して
「本当に適切な料金なのだろうか」
「もしかして騙されてる?」
「言い値で決めて後悔しないだろうか?」
「防犯のことはよくわからないから不安」

…わかります。

このように心配されている方に「監視・防犯カメラの設置費用の見積もり」についてご説明させていただきます。

防犯カメラ設置費用の見積もりの原則は「機器費用」+「設置費用」

防犯・セキュリティ業者の見積もりには共通点があります。
支払い・契約方法は様々ありますが、一般的に
「機器費用」+「設置費用」で見積もられます。
以下、「機器費用」と「設置費用」にわけて解説します。

防犯カメラの機器費用について

文字通り、防犯カメラおよび録画装置(DVR、NVR、SDカード等)、そして付属機器の機器代金です。
これは製品に対する費用です。当たり前の話ですが、ガムを噛みたいのならば、お店でガムの料金を支払いますし、肉まんを食べたければ肉まんの代金を支払います。防犯カメラも同様に防犯カメラの機器代金を支払います。この費用については特に疑問点は少ないかと思われます。

防犯カメラの設置費用について

問題はこちらです。
当たり前ですが、防犯カメラは購入・貸与されただけでは意味がありません。適切に設置してはじめて運用ができます。購入しても設置しなければ意味がありません。しかし、設置はある程度の専門知識が必要ですし、設置ができてもカメラや録画装置の設定がどうしても必要です。
生命や財産を守るための防犯カメラですので、可能ならば専門知識の蓄積された専門会社に依頼するのが定石となりますが、見積もりは本当に適切なのか。ここはきちんと精査したいところです。
設置費用の見積もり方は様々ですが、ここはしっかりと見積もりの項目をチェックすることが必要です。設置費用を正確・適切に見積もられるために重要な項目をあげます。

防犯カメラ設置費用で注目すべき項目

まずは、「設置工事費」とだけ書いてある見積もりは論外です。
設置工事と一言でいえば簡単ですが、細かい項目が省略されている見積もりは是非疑ってかかってください。
設置費用とは、どんなにおおざっぱにみても
「個別設置費用」
「配管・配線費用」
「材料費用」
「設定費用」
が計上されます。

業者さんによっては、10項目以上の費用項目を親切に提示してくれる業者さんもいます。
防犯カメラとは専門家以外の方にとっては、その費用の高い安いがわかりにくいものなのです。だからこそ、丁寧に費用の内訳を説明する義務があります。そのため、費用の内訳をおおざっぱに見積もっている業者さんは「専門外の方」への説明義務を怠っていると判断されても仕方がないのではないでしょうか。

防犯カメラ設置は必ず相見積もりをとりましょう

以上、簡単に防犯カメラ設置費用について説明しましたが、最低でも2社からは相見積もりを取ることをお勧めします。間違っても1社で見積もりを取るのはやめましょう。そして、見積もりは厳しい目で判断することをお勧めします。大事な生命や財産を守るための防犯カメラです。信頼のできる見積もりを提出する業者で、なおかつ「選らんで良かったな」と思える業者と、あなたが出会える一助になっていただければと思います。

最後になりますが、ESP防犯では、専門の防犯設備士が防犯カメラの適切な見積もりについてのご相談をお待ちしております。設置に関する価格・費用・料金等どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせいただければと思います。