解約できない防犯カメラのレンタル契約とは?

解約可能な防犯カメラのレンタル契約と不可能なレンタル契約とは

最近、防犯カメラのレンタル契約の需要が高まっています。

レンタル契約は、解約可能な契約と解約不可能な契約の2種類があります。

レンタル契約の解除・解約で違約金が発生する場合

レンタル契約の中で、解約により確実に違約金が発生する契約があります。

それは(レンタル)リース契約です。リース契約もレンタル契約の一部といえるので紛らわしいのですが、リース契約の場合、契約年数内で解約すると、残りの契約期間分の残債を支払うケースがほとんどですので利用期間はしっかりと見積もる必要があります。

レンタル契約の解除で違約金が発生しない場合

防犯カメラを使用した期間のみの支払いになります。

使用期間が予想できない場合には、最も有効な契約になります。

会社ごとにレンタル契約の内容が異なりますので、契約前に確認しておくことをお勧め致します。

ESP防犯は防犯カメラのレンタル契約はいつでも解約可能。違約金もありません。

ESP防犯では、防水かつ暗い場所でも可能で人物が特定可能な高画質屋外用防犯カメラと、1ヶ月録画可能なレコーダーのセットを1ヶ月あたり¥12,000(3ヶ月以上割引あり)からレンタルしております。

もちろん、契約期間の縛りはありません、使った期間のみです。また、当社防犯設備士がいつでも相談可能な態勢を整えておりますので、操作方法がわからない場合や困ったことがある場合でも安心です。

なお、レンタルをするにあたり、免許証の提出やめんどうなお手続きは不要です。

どなたでも簡単に、そして急ぎの場合でも迅速に対応させていだきます。

隣人トラブルにお悩みの方は、是非ESP防犯にお気軽にご相談いただけたらと思います。

防犯カメラのレンタルはこちらも参照下さい

格安レンタルプランが気になる方はこちらへ。
防犯カメラレンタルに関するページ
・短期間利用のトラブル等は防犯カメラレンタルプランが有効です

・防犯カメラレンタルプランのメリット

・防犯カメラを短期間レンタルしたい方と長期間レンタルしたい方へ