ダミーカメラと本物の防犯カメラ設置の費用、どちらが「高くつくか」

ダミーカメラと本物の防犯カメラ設置の費用対効果

ダミーカメラの魅力は何と言っても本物の防犯カメラよりも低価格なところです。しかし、逆を言えば価格が安いこと以外にはやはり本物には勝る要素を見出すには難しいと言わざるを得ません。

ダミーと本物の価格差はどのくらい違うのか

まず、ダミーカメラの価格帯ですが、安いものですと2,000円で買えるタイプから高くても15,000円程度です。対して本物は(本当に最低限何とか使えるものに限定して)安いものですと、10,000円から購入できます。ちなみに高性能なものは100万円以上するものもあります。

価格については、間違いなくダミーカメラが安く済むのですが、ここで本物が15,000円から手に入れられるという事実は重要です。また、外観がチープですぐにダミーと見破られるダミーカメラは使うべきではないと考えると、実際使用すべく妥当なダミーカメラは5,000円ほど費用がかかると見込んだほうが良いと思います。以上より、ダミーと本物の価格差は最低10,000円前後と考えられます。

ダミーも本物も設置・取付け費用は発生する

さて、他記事「屋外ダミーカメラ設置・取付けの重大な鉄則」でも言及したように、ダミーカメラも本物と同じような配線・配管構造にする必要があります。

設置・取付け工事もダミーの外観と同様極めて重要な要素です。ダミーカメラ選びに関しては専門知識のない方でもそれほど「ハズレ」を引くことは少ないと思うのですが、設置・取付けに関しては、個人の方には少し敷居が高いと考えます。

技術的な面では日曜大工が得意な方でも可能なレベルですが、問題はダミーであるとバレないための配管配線方法です。これに関してはやはり防犯・セキュリティに詳しい人間ではないと少し厳しく、専門家立ち合いのもと工事する必要があります。本物であれば、多少の不自然な配管や配線はそれほど気にする必要はないのですが、ダミーに妥協は許されません。

ニセモノは本物以上に本物らしくしなくてはいけないという原則は防犯カメラの世界でも例外ではありません。むしろセキュリティという人命や財産という大切なものが対象ですから、神経質になってなりすぎることはありません。設置・取付けはやはり防犯設備士等の専門家に依頼することを強くお勧めします。すると、ダミーも本物も設置・取付け工事をする場合、そこに費用差はあまりありません。ただし、録画するためにはハードディスクレコーダーや設定費用が別途かかる場合がありますが、それは業者毎に異なります。

本当に大事な要素で選ぶ

実際、ギョッとするダミーカメラシステムを見ることがあります。

例えば、屋内用の防犯カメラであるはずのボックス型カメラが屋外の建物等にむき出し状態の状態で設置してあるものをよく見かけます。ボックスカメラは銀行やコンビニなどでよく見るカメラです。雨や水滴に弱いこのカメラは屋外で運用する場合は防水のためのハウジングという専用ケースに収納する必要があるのですが、屋外でこの種類のカメラを見るとすぐに「ダミーカメラだな」バレてしまいます。逆に「監視していない」と犯罪者や泥棒などを引き寄せるリスクを高めてしまいます。

防犯にも費用がかかる時代です。そのコストをいかに削減できるかは重要なテーマです。しかし、費用削減のためとはいえ、一瞬でバレてしまうようなダミーカメラを設置することは逆にリスクを高め、これでは本末転倒です。

カメラ単体の最低価格差は10,000円程度、設置・取付け工事は同程度です。1台あたり10,000円の価格差はあなたにとって高いと感じますか?それとも安く感じますか?

防犯・セキュリティに関する意識・必要性に関係すると思いますが、真剣に防犯対策をお考えの方にはやはり本物の防犯カメラの導入を強くお勧めします。安いものでもある程度は映りますし、なによりも本物をつけることで日常の防犯意識が向上します。または、本物の防犯カメラとダミーカメラを混ぜることにより費用を抑えながらも本格的な防犯カメラシステムを構築することも可能です。

仮に防犯カメラを4台導入する場合、ダミーとの価格差は10,000円(@1台)×4台で40,000円です。仮に防犯カメラの法定耐用年数の5年間運用した場合、1年あたり8,000円。1か月あたり600円強です。

大事なことはダミーカメラと本物の防犯カメラのどちらが良いのか多角的に分析し、費用やコストを抑え、なおかつ実用的なしっかりとした防犯カメラシステムを構築することです。

ESP防犯では、専門の防犯設備士がダミーカメラ・防犯カメラについてのご相談をお待ちしております。どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせいただければと思います。


ダミーカメラ設置関連記事一覧

・屋外ダミーカメラ設置・取付け~見分け方~

・屋外ダミーカメラの選び方はバレない、本物と見分けられないが基本

・ダミーカメラと本物の防犯カメラ設置の費用、どちらが「高くつくか」

・様々なダミーカメラ

・ダミーカメラ設置にあたる極めて注意すべき3つの点